ほうれい線を消すグッズの口コミ!アルブエイジカバーリフトエッセンス使い方のコツ大公開


pdcのアルブエイジカバーリフトエッセンスを、

ファンデーションの前に使っています。

この化粧品は、

スポンサードリンク

とても便利でプチ整形並みの効果です。

気になるしわに塗りこんで、

乾燥させるとしわが埋まるからです。

使うのと使わないのとでは大違いで、

私はほうれい線に

重点的に塗るようにしています。

私にとってメイクに欠かせないグッズです。

ただし、使い方にはコツがありますので、

ほうれい線を消す方法をここで

口コミしてみたいと思います。

まず、欲張って濃く塗っても

返って逆効果になります。

ポイントは、先に化粧下地を塗って、

その後にアルブエイジカバーリ

フトエッセンスを薄く伸ばして、

完全に乾かしてから

ファンデーションを塗ります。

乾く前に慌てて塗るとよれます。

時間がもったいないので、

先にファンデーションを

アルブエイジカバーリフトエッセンスを

塗っていないところから塗っていきます。

完全に乾くまではだいたい

15分くらいかかるので、

頃合いをみてファンデーションを

軽く叩くように塗ります。

たまに眉間のしわにも塗ることがありますが、

目立たなくなります。

最初は慣れるまで練習で

手の平のしわにやることもありました。

練習がてらに、

手相のしわの部分にアルブエイジカバーリ

フトエッセンスを塗ってみると、

乾いた頃に手で触ってみると、

スポンサードリンク

しわが埋まっていることに驚きました。

手相のしわというのは、

かなり深いものがあります。

それが、乾いた頃に触ってみると塗った

部分だけ平らになっているので、

しわを埋める化粧下地として

有能なことが分かりました。

以来、5年は

アルブエイジカバーリフトエッセンスを

使い続けています。

金額も1000円以下で買えるので、

しわをごまかしたい私としては

嬉しい価格なのも良いです。

ドラッグストアだと800円くらいで

買えることも多いです。

使い心地は、普通の下地とは違います。

目的は、ちりめんじわやほうれい線を

埋めるものだからです。

手にとって伸ばすとサラサラ

としていながらも少し固い感触があります。

その方がしわを安定して

埋めることができるので、

自分のしわの具合と顔の上での

伸ばし方さえコツをつかめば、

上手にしわを

ごまかすことができるようになります。

よれるとそのままファンデーションの

上にもよれた具合が出てしまうので、

慌てずに静かにゆっくり

欲張らずに少しずつ短時間で伸ばすと、

ほうれい線を完璧に隠すことができるので、

これからもお世話になります。

あと、本来の使い方とはちょっとずれますが、

いちご鼻状態のときも、

毛穴のブツブツが隠れます。

何よりも良いと思ったのは、

転んで怪我をして跡形となってしまった

部分の傷跡というのは、

おうとつがあるものです。

完治した傷跡にこの

アルブエイジカバーリフトエッセンスを

ぬると傷跡が平らになって、

上からファンデーションを

塗ってごまかすこともできます。

夏は、膝の傷跡にも使っています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です