リキッドアイブロウのおすすめは?パウダーとセットで使いやすいexcel


新発売されたexcelの

ロングラスティングアイブロウを早速購入し、

使っています。

スポンサードリンク

今まではmshのLoveLinereyebrowliquidの

AshGrayを愛用していましたが、

廃版のため代わりになるものを探していました。

ペンシルが主流のアイブロウで

自分に合うリキッドタイプを

探すのは大変なのですが、

こちらはリキッドとパウダーが

1本に集約された2in1となっています。

リキッド派には、

トレンドのふんわりした眉に仕上げられる

パウダーもセットとなっている点が興味深いです。

発売直後、まずは店頭テスターにてLT01の

ナチュラルブラウンとLT03の

グレイッシュブラウンを手の甲に試し描きし、

色味を確認しました。

リキッド筆は、1回スッと描いただけではやや薄付きで、

重ねる事で濃淡を調節する点はその

他一般的なリキッドアイブロウと同様です。

筆にはコシがあり、

私の様に不器用でも

描きやすそうだという感触でした。

重ね描きをしていくと、

スポンサードリンク

LT01は赤味の強いブラウンとなり、

LT03と並べて比較するとその赤味が際立ちました。

パウダーは、

色味はリキッド部分の色とほぼ同じですが、

細かいラメがチラチラ光るのが印象的でした。

私はヘアカラーなどもしていない黒髪ですので、

LT03にしようかと当初は思っていました。

事実、愛用していたmshのアイブロウの

AshGrayに近い色味でもあったからです。

しかし、以前コフレドールのカウンターにて

BAさんより「アイブロウは髪の色より

若干明るめ(或いは毛先の、

根元より少し退色した色)に合わせた方が

洗練される上に馴染む」

という助言を思い出し、LT01を購入しました。

結果は、LT01にして正解でした。

しっかりと眉が描け、

自然に馴染み、のっぺりと単調にならず、

キツくならずに、

トレンドのふんわりした仕上がりにもなります。

おそらくLT03では色味が暗く濃くなり過ぎて、

不自然とまでは行かなくともシャープで

キツイ印象に仕上がってしまった事でしょう。

パウダーに関しては、テスターで

使用した時に感じたラメ感はほとんど

感じられませんでした。

リキッドの良さとパウダーの

ふんわりした仕上がりが同時に手に入るこの

excelのロングラスティングアイブロウは、

私の新定番となりそうです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です