クリニーク ドラマティカリー ディファレント モイスチャライジング ローション プラスは低刺激な乳液です


私は肌が弱く、新しい化粧品を

使用するとかぶれてしまう事が多いです。

敏感肌の私でも使い続けているのは、

スポンサードリンク

クリニークの乳液の

ドラマティカリー ディファレント

モイスチャライジング ローション プラスです。

こちらの乳液は肌質に合わせて3種類があり、

私は乾燥肌用の

一番保湿力が優れた乳液を使用しています。

容量は120gで、

毎日朝晩使用して約3か月位持ちます。

容器はプッシュ式ですが、

一回のプッシュで少量が出るので、

一度に出しすぎてしまう事がなく

使いやすいです。

乳液ではありますが、

液体ではなくジェルのようなテクスチャーです。

色は薄い黄色ですが、

スポンサードリンク

肌になじませると透明になります。

使用方法は化粧水を

肌になじませた後に乳液を塗っています。

ジェルのようではありますが、

さらりとしていてべたつきません。

塗るとしっとりと肌が潤います。

香りはほとんどなく、

きつい香料の香りが苦手な人でも

気にせずに使用できると思います。

また前述したように乳液には3種類ありますが、

加齢に伴って変化する

肌に合わせて種類を変える事ができ、

長く使えるシリーズだと思います。

例えば、10代ではさっぱりタイプの乳液、

20代では普通タイプか私が使用している

乾燥肌タイプを選べば良いでしょう。

実際、私は10代の頃はさっぱりタイプを

使用していましたが、20代以降は

乾燥によるしわが気になるようになり、

乾燥肌タイプへ変更しました。

これは購入する際に、

美容部員の方が肌の状態を見てくれ、

状態に合わせた乳液タイプを

勧めてくれるためです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です